Prayer -sabato santo-

作編曲家・ピアニストのshezoo(シズ)を中心に、壷井彰久、小森慶子、小林武文、 4人の卓越したプレイヤーによるアコースティック・カルテット、Trinite 「神々の骨」(2016年)に続く新作ライブレコーディングアルバム「Prayer -sabato santo-」

2018年6月13日リリース

 

ここには悩ましい夜があり、
人に言えないような憧れがあり、
闇に研ぎ澄まされた牙があり、
忘れられた悲しみと夢がある。

エンターテインメントであること、
そこに前衛を忍び込ませること、
言葉がないのに詩があること、
映像がないのに映画的であること、
俳優がいないのにドラマがあること。
それがトリニテの音楽だ。

何年も前から、少しずつトリニテを聴き続けてきた。
出会うたびにトリニテは進化してきた。
メンバーひとりひとりのベクトルが一致し、
求心力のある演奏からは、ますます自信がみなぎるようになってきた。
1stアルバム「Prayer」のライヴ盤(ラスト曲のSabato Santoのみ新トラック)である今回のアルバムを聴いてもそれは明らかだ。

キャッチーなメロディがあるだけでなく、
そこには展開があり、発展があり、
ポップなくせに不協和な音が浮遊していて、
湿り気を帯びた哀感と、月の光と、悲しい影と、神々の死がある。

これはプログレッシヴ・ロックの和製進化形なのか?
現代音楽とロマン派のハイブリッドなのか?

少なくとも言えるのは、これはいま境界線上で起きている重要な音楽的事件であり、
あまりにも明るくなりすぎた夜の東京が忘れかけている――しかし決して失ってはならない――暗くて美しい風景なのだ。

林田直樹(音楽ジャーナリスト・評論家)

1. Baraccone 1

2. 人間が失ったものの歌 Song of the thing which a human being lost

3. Mondissimo 1

4. 天上の夢 Dream above the heavens

5. Mondissimo 2

6. Dies Irae 怒りの日

7. Baraccone 2

8. Sabato Santo


All Muisic written by shezoo
All Muisic arranged by Trinite
web取り扱い:
Amazon、Towerレコード、billbord、楽天ブックス、TSUTAYA、7Netショップ他

CD設置店:
タワーレコード新宿店、渋谷店

配信:
ITUNES
SPOTIFY
AMAZON MP3
AMAZON MUSIC UNLIMITED
上記主要なサイトは6/13にスタート
レーベル:THEGLEE
品 番:GPHR-18003
発売日: 2018.6.13
価 格: 3000円(税込)
Producer:shezoo, Trinite
Director by : Tsuyoshi Kinoe
Recording Engineer:HANAKI Hideyuki
Mixing and Mastering Engineer:TSUBOY Akihisa
Photo and Design:TAKARA Mahaya
Recorded at Kagurazaka THEGLEE on 8.December 2018, Tokyo